プロフィール

ひろみゅん

Author:ひろみゅん
porte irisee~虹の扉~にようこそ!

Le-Ciel会員でHydiest会員です☆

ラルクの事が大好きでHYDEさんの事ばっかり語ってます。

気軽にコメント残してくださいね!

☆LIVE参戦☆
2017年
4月8日 東京ドーム25thラニバ
4月9日 東京ドーム25thラニバ
7月8日 ZEPP NAGOYA VAMPS
7月22日 ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月26日 ZEPP OSAKA BAYSIDE

2016年
1月7日 ZEPP NAGOYA
7月16日 なんばハッチ
7月23日 なんばハッチ
8月13日 舞洲BEAST PARTY
8月14日 舞洲BEAST PARTY
10月22日 ハロパ神戸ワールド記念ホール
10月23日 ハロパ神戸ワールド記念ホール

2015年
2月28日大阪城ホール
3月1日大阪城ホール
3月8日苗場オフ会
8月22日BEAST PARTY幕張
8月23日BEAST PARTY幕張
9月20日ラルカジノ夢洲
9月21日ラルカジノ夢洲
10月17日ハロウィンパーティー神戸
10月18日ハロウィンパーティー神戸
12月5日なんばハッチ
12月10日なんばハッチ
12月13日なんばハッチ

2014年
ラルク
3月21日 国立競技場
  22日 国立競技場

VAMPS
2月23日 苗場オフ会
10月25日 ハロウィンパーティー(神戸)
10月26日 ハロウィンパーティー(神戸)
11月15日 ZEPP NAGOYA
12月5日 なんばハッチ
12月6日 なんばハッチ
12月11日 なんばハッチ
12月15日 なんばハッチ

2013年
VAMPS
7/6 ZEPP DIVERCITY
7/19 ZEPP NAMBA
7/23 ZEPP NAMBA
7/26 ZEPP NAMBA
7/28 ZEPP NAMBA
8/10 BEAST PARTY 山中湖
10/19 ハロウィンパーティー(神戸)
10/20 ハロウィンパーティー(神戸)

2012年
ラルク
4/14 Pari(ル・ゼニット)
5/19 USJ
5/20 USJ
5/27 国立競技場

VAMPS
8/31 ZEPP NAGOYA
9/1 ZEPP NAGOYA
9/29 ZEPP NAMBA
9/30 ZEPP NAMBA
10/2 ZEPP NAMBA
10/3 ZEPP NAMBA
10/5 ZEPP NAMBA
10/6 ZEPP NAMBA
10/7 ZEPP NAMBA
10/20 神戸ワールド記念ホール
10/21 神戸ワールド記念ホール

2011年
ラルク
5/28 味の素スタジアム
11/2 名古屋 ガイシホール
11/3 名古屋 ガイシホール
12/3 大阪 京セラドーム
12/4 大阪 京セラドーム

VAMPS
10/29 神戸ワールド記念ホール
10/30 神戸ワールド記念ホール

2010年
6月29日 広島CLUB QUATTRO
8月11日 ZEPP NAGOYA
8月12日 ZEPP NAGOYA
8月26日 ZEPP OSAKA
8月31日 ZEPP OSAKA
9月1日  ZEPP OSAKA
9月14日 ZEPP TOKYO
10月27日 ハロウィンライブ(神戸)
11月18日 ZEPP NAGOYA
11月19日 ZEPP NAGOYA
11月26日 大阪城ホール
11月27日 大阪城ホール
12月8日 代々木第一体育館

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いつもお世話になってます

ラルク最強ブログ★byラルク最強リンク

ラルクなブログ同盟 ラブログ[L'Ablog]

お友達のブログ

このブログをリンクに追加する

最近の記事
コメントありがとうございます
カテゴリー
私のおすすめ
月別アーカイブ
携帯からもどうぞ
QR
最近のトラックバック
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
06/16(Tue)

WHAT'S IN?7月号の感想

久しぶりにワッツイン表紙巻頭にVAMPS♪

発売日の夕方頃に本屋へ行ったけど私が買った本屋さんでは
平積みされてたワッツインが残り僅かだったよ!
買えて良かった~!

表紙のハイドさん、ちょっとワルな顔してるねー
20150616010541f0a.jpg
ポスターも付いててアップの方のポスターがめちゃかっこよかった~!
20150616010452bca.jpg

本誌も素敵な写真がいっぱい♪

HYDE インタビュー

BLOODSUCKERSのツアーで課題にしていたことは何ですか?って問いに
歪み部分の歌い方をなめらかに出せるよう自分なりに試行錯誤されてた事を話していて、
そういえばZEEP名古屋あたりのMCでハイドさんがそんな話ししてたなぁ~って思い出しました。
その頃のハイドさんの歌声がちょっと不安定でファンの中では心配されてたんですよね。
でも自分の中である程度答えは見つかったので心配しなくていいよって言ってくれてたなぁ~。

それからZEEPステージ後方の煌びやかなセットの話で
レニークラビッツのARE YOU GONNA GO MY WAYのMVの話が出てこれまた意外でした。
今までレニーの名前なんてハイドさんから出たことなかったもんね。
私もあの曲はギターのリフがかっこよくて大好きで
CDも持ってるけどMVってどんなんだっけなー?って検索してみました。
コレ↓

うんうん、確かに頭上のセットが似てるかもー?
見たことあるけど頭上のセットの事とかすっかり忘れてたよ。。。
ハイドさん、普段あんまり音楽聴かないとか言ってたけど、
やっぱりいろんなアーティストの音源やMVとかチェックしたり
気になったものは記憶に留めてるんでしょうね。

アリーナツアーでの演出の話も会報とかでいろいろ語ってくれてたけど、
ステージの大きさが実はZEEPと
あまり変わらないってことにびっくり!!

アリーナでのライブなのに!!??
でもだからステージ横にもスタンディング枠作ったり出来たんでしょうね!
大阪城ホール初日は私はそのステージ真横からの参戦だったんだけど、
いつもなら見ることが出来ないアングルにステージ釘付けだったよ。
(ハイドさんの脇腹チラリズム攻撃とかw)

そしてアメリカツアーのSIXX:A.M.のオープニングアクトの話題になり、
ほとんどアウェイでシビアだったらしくて…
それでも『かなりタフになりますよ。勇気がないと負けちゃう感じ。
でも何も知らずに日本で調子こいてるよりはいいなと思う。
その場に入ってやっと自分にはこれが足りないとかここが負けてるとかわかるし、
もっともっと変わりたいと思った方が進化する。(途中略)』
って話してくれるハイドさんが凄く強くて逞しく感じました。

そして一番足りないと思ったものはなんですか?ってインタビュアーさんの質問に
『やっぱり歌かな』って…。
『もっと改善していかないと今の僕の歌では勝てない。
ボーカリストのスキルアップがバンドとして必要なこと』
って答えていて…。
胸が苦しくなった…
わかってる。
ハイドさんの英語はネイティヴな英語ではないし、
そういうところからもシビアに受け取られるんだろうな…って。

そういうところで海外アーティストと同じ土俵の上に立つと言う事は
本当に難しいのかもしれない。

英語歌詞で歌い直した時も凄く苦労したって言ってたのも覚えてる。

でもそれでもまだ今は戦いたいって話すハイドさんに
全身全霊でエールを贈りたいです。


2、3年で終わるつもりって言ってるけど、それは今のハイドさんの気持ちだし、
2、3年後になったときにまだまだ戦いたくなってるかもしれないから、
その言葉で寂しくなんかはならないけど、
そうやって“あの先の電柱まで!”みたいに近くのゴールを目指し、
そこに到着したら“次の電柱まで!”ってハイドさんはいつも乗り越えてきた人だから
最終的には凄いところに行き着いてしまうんじゃないかって思ってしまう。
ファンとしては夢を抱かせてくれる存在でいてくれることが嬉しい

私はハイドさんの歌声が一番好きだし、
歌の世界観を最大限に感じさせてくれる表現力を持ってると思ってる。
それがハイドさんの一番の武器だよ

そして人生をかけて自分の音楽を信じて戦ってるハイドさんは
人としてやっぱりかっこいい!!

最後に日本のファンに対して感謝の気持ちを伝えてくれていて、
そういうところも忘れないでいてくれてもうホントなんて気遣い屋さんなんだろう。
ありがとう


K.A.Z インタビュー

アメリカツアーがかなり濃くてその前のライブが凄く昔に感じるって話すK.A.Zさん。
サンフランシスコから始まって約1ヶ月間バスの中って辛いだろうなぁ。。。
家でゆったりベッドの上で眠りたいとか凄く思ったやろうね…。
次の場所まで長いところでは北海道から九州までのような移動距離って言うからひぃーってなるよ。

他にもライブではアウェイの中で凄く過酷だったにもかかわらず、
とてもタフな発言が多くて頼もしい

『SIXX:A.M.が集めたお客さんの中でVAMPSのことを知らない状態で
始めるわけだから、ライブ自体もタフでなきゃいけない。
その雰囲気に飲み込まれちゃったら負け!
(アウェイ感は)最初からわかってることだから。
とはいえ最初の1曲目は酷だよね(笑)
だけど、そこはフルスロットルでいかないと!
次はもうアメリカに行けないぞって覚悟でやらないと。
精神的にもタフじゃなきゃいけないし、
自分を信じなければ出来ないことだと思う。
でも1曲目、2曲目、3曲目とやるにつれてお客さんの反応や表情が
変わってくるから、そうなったらしめた!(笑)』

って話すK.A.Zさんが凄く頼もしく感じました
現にアメリカオープニングアクトの後半の方では現地でのノリもとても良くて
VAMPSコールが起こったりしてたらしいので、諦めず積み重ねていく成果を感じられるし、
そういうことがとても大事なんだと気付かせてくれる

フェスに対しても
トーナメント戦みたいと話すK.A.Zさん。
『最初は下からスタートしていかに勝ち上がっていくか、
最終的にヘッドライナーのポジションに行くか!
初めて出演してすぐ頂上まで登り詰められるやつなんていないと思うし、
いきなりポンとヘッドライナーに立ってもファンも納得しないと思うしね。
あっちで大切なのは勝ち取ること。
よくぞそこまで来たなってみんなが認めるから拍手が送られるわけで。
そういうタフな部分が重要になってくるんじゃないかなって思ってる。』

…と話していて、アメリカツアーが精神的にとてもタフにさせてくれたことが伝わります

そしてこれからのライブや音楽に対しても、もっと明確に見えて、
新たな目標も生まれたと話すK.A.Zさんが凄く逞しくて、
そんなK.A.Zさんがハイドさんの側に
いてくれて本当に良かったな…。



ハイドさんとK.A.Zさんのインタビューの後は
アメリカツアーでのいろんな出来事をクローズアップして話してくれてて
これまた面白い(笑)
前のページの真剣なインタビューとのギャップがハイドさんらしくて(笑)

ツアー中の食での話ではK.A.Zさんがふらりと立ち寄ったお店の
ケイジャン料理が美味しくて、それを聞いたハイドさんが食べたいーってなったけど、
タイミング合わずなかなか食べられずストーンクラブを食べても、
これよりケイジャン料理が美味しかったと聞かされ、
これは食べずには帰られないよぉ〜ってやっとフロリダで食べることが出来たのに、
手がベタベタになるから手袋をして食べてて、でもその間グラスを持つことが出来ないから
お酒飲めなくて、グラスにストロー挿しよけば良かったぁーって(笑)
なんや、そのオチはぁー(笑)
でも溜めての『…うまい!』はきっとめちゃくちゃ美味しかったんだろね♪
良かった〜良かった〜


旅での印象的な出来事ではひたすらバスのトラブル(苦笑)
これ…もう今だから笑い話かもしれないけど、当時はヒヤヒヤもんだったろうな…
なのにハイドさんってば『もう知〜らねっ』て寝ちゃうとか…
え!?え!?
ジタバタしてもはじまらねぇ!ってことなんだろうけどさ(笑)
K.A.Zさんはドライバーさんと一緒になって車体浮かせて手助けしたり、男らしい!ヒュ〜
ま、でも事故とか起こさずになんとか最後までツアーやり遂げられて本当に良かったです

あとは相方エピソードの中でハイドさんが電子レンジに
アルミホイルを入れたまま加熱しちゃった事件(笑)
プラズマみたいなのが電子レンジの中で飛んでたらしい…。
知らなかったって、アータ!
それ一番やっちゃダメなやつってインタビュアーさんにも言われてるし(苦笑)
ま、確かにハイドさんは蕎麦は作っても料理はしないだろうしねぇ…
あわわわ!…ってなってるハイドさん見てみたかったなw

あぁ、ホント是非ともアメリカツアーのドキュメンタリーを出して欲しいです。
いろんな出来事がぎゅぎゅーって詰まった1ヶ月だったと思うし見所いっぱいだと思う。
きっとまたいつかのVAMPARK映像までお預けかな〜?

後は発売されるVAMPSのBlu-ray&DVDの見所とか話してくれてました♪
BLOODSUCKERSのアルバム曲を映像でじっくり味わえるのが本当に楽しみです〜

発売日はお休み確保しちゃったから届いてすぐに見るんだ〜♪
うひょーい♪

…ってことで見応え読み応え満載のワッツインでした

長文記事になりましたけど
最後まで読んで下さってありがとうございました。
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ