FC2ブログ
ラルク好き(特にhydeさん)な私のひとりごとのようなブログです。

2017-12-31 Sun 22:44
黑ミサ幕張2017に行ってきました。
12月23日、24日と黑ミサに参戦してきました。
憧れの黑ミサ♪
毎年12月に富良野で約200人のファンを招待して
白銀の世界の中でひっそりと開催されている憧れのイベント。

それを今年は幕張で開催するって
もうそりゃ行くしかないでしょ!!!
しかもラルクのkenちゃんも出演するって
素敵なライブになること間違いない!!
会社の繁忙期もぎりぎり落ち着く頃だろうってことで
2泊3日で行ってきました。



しかし・・・
私はVAMPSの休止発表があって
心落ち着かないままの日々。
ハイドさんはどうしてるかな?
きっと一番残念に思ってたのはハイドさんだと思うから
なんかとても心配でした。
ハイドさんは精神的にとてもタフだし、
見た目以上に男らしい人だと思ってる。
だけどVAMPSの9年という年月、世界に立ち向かうため真剣に闘ってきた姿を・・・
その背中を見てきたからこそハイドさんの心情を想うと辛くて・・・。
なので私も凄く緊張して迎えた当日でした。


早朝の飛行機で向かい11時過ぎには幕張の会場に到着。
でも既にグッズ列には長蛇の列!!!
みんなの本気が伝わります。
今回のグッズは本当にどれもとても素敵で物欲刺激されまくり。
厳選してパンフレットとキャンドルとギターのキーホルダーをチョイス。
kuromisagoods.jpg

(でも後でどうしてもラウンドライトも欲しくなって通販で頼んだけどw)
パンフレットはネタバレがあるらしいので開封するのはライブが終わってから。
キャンドルはハイドさんチョイスの香りっていうので
デザインも素敵だし気になってたので絶対に買うつもりでした♪
その香りはディプティックのBALESの香りを軽くしたような香りで
ディプティックのその香りはハイドさんが好きって知る前から好きで
キャンドルを部屋に飾ってあるくらいなので凄く嬉しかった~♪
candle.jpg

ギターのキーホルダーも思っていたよりも大きくて
高級感あって素敵♪
guiter.jpg

ROENTGENのMVでも使用してるギターと一緒のデザインなんて
もう買うしかないでしょ!!!
ラウンドライトも実物の素敵な灯りを見せてもらったので
到着するのが早くも楽しみです♪


ライブのドレスコードはスマートカジュアル♪
少しおめかししてライブに参戦するって粋なこと考えてくれるハイドさん♪
ハイドさんにとっても会場に集まるファンにとっても
素敵なクリスマスの思い出になるよ。
でも生憎お洋服を買いに行く時間さえもなく繁忙期に追われていた私は
家にあるものでなんとかドレスアップするしかなくて、
コーディネート大変でした・・・(汗)
冬のドレスアップって難しいー(涙)
でも外は寒くても会場の中は薄手のワンピースやブラウスでも大丈夫なくらい
あったかくてカイロとか準備してたけど
使わなくても全然平気なくらいでした。
会場の床は赤い絨毯が敷き詰められていて
ステージには沢山のキャンドルが灯されていて
ハイドさんの座る椅子の傍にはHYDEISTならみんな知ってるあの籠の街灯がセットされていて
ハイドさんがこの日の為に・・・ここに集まってくれるファンの為に
いろいろ考えてくれたことがヒシヒシと伝わる特別な空間になっていました。
集まってくれたファンを喜ばしたい♪
そんなハイドさんの気持ちが凝縮されている空間にいられる幸せ♪
こんなに嬉しいことはない。
ハイドさんにとっても特別なライブなんだって伝わってきました。


時間を少し押して黑ミサが開演♪
Unexpectedのインストでオーケストラのみなさんがステージに。
そして最後にハイドさんが登場し、
椅子の傍にある籠の街灯に灯りが・・・・
そう!リアル籠ピカです
でも初日の私の席からはステージも遠くてしかも前の男性の頭で
ステージ上の縦長の額縁のようなスクリーンも見ることが出来ず
小さいサイドスクリーン頼りな状態でリアル籠ピカもお友達情報でした。
でもいいのいいの、もうあの空間にいられるだけで本当に満たされたから。
ハイドさんの生の歌声が聴けるだけで充分だと思えたから。


セットリスト
・Unexpected
・White Song
・Secret Letters
・Angel's Tale
・The Cape Of Storms
・EVERGREEN
・Shallow Sleep
・禁じられた色彩
・DEPARTURES
・VAMPIRE'S LOVE
・Hurry X'mas
・winter fall
・MY HEART DRAWS A DREAM
・叙情詩
・A Silent Latter
・forbbiden lover
・雪の足跡
・星空
・未来世界




ROENTGENやSHALLOW SLEEPとかは時々BEAST PARTYとかで聴く機会はあったけど
こうしてROENTGENのアルバム曲をたっぷり聴かせてもらえるのは初めて。
15年前に発売したアルバム曲が今もなお色褪せることなく
大事に大事に歌い続けられてるって本当に素晴らしい。
名曲揃いの数々の楽曲。
それをオーケストラをバックに従え
今のハイドさんの歌声で聴くことが出来るなんて
なんて贅沢なんだろう・・・・。
でもなんせステージからは遠くてハイドさんの細かい仕草や
表情は見えづらくてツイッターとかで流れてくるレポを拝見しては
へぇ~そんなことしてたんだーって知ることが多くて
詩的で美しい表現で黑ミサレポが流れてくるのを見て
こんな素敵な表現、私からは出てこないよぉ~
ブログでレポ書くのもおこがましいんじゃなかろうかと思ったりもしたけど
ま、自己満足の私の思い出日記だからと開き直って
レポにもならない感想を残しておこうと思います。


White Songは私の中ではモノクロの世界。
深々と降り積もる雪と灰色の空が頭の中に広がる。
重厚感のあるオーケストラの音とハイドさんの声が気持ちよくて心地よくて・・・。
なんか夢見心地で聴いてました。


Secret Lettersも同じく夢見心地でうっとりしてました。
歌詞の中の"想いには羽根がある"ってところ好きだな~って思ったり。
ハイドさんの歌詞は本当に詩的で美しい。
それを思い存分浸れる幸せ。


Angel's Tale『クリスマスにこういう曲を聴きたいなと思って作った曲です。』って歌ってくれました。
ハイドさんの低音のすばらしさを
これでもかぁーってくらい味わえる楽曲。
大好き!!!
ハイドさんの甘く溶けそうな低音の歌声。
本当に素敵です。
目を閉じて聴いてたい!
でも目の前にハイドさんがいるのに目を閉じちゃうなんて勿体ない!
そんな葛藤をしながらサイドスクリーンのハイドさんを見つめてました。


The Cape Of Stormsはもれなく崖っぷちのハイドさんが頭に浮かんできます。
この曲もオーケストラをバックにとても豪華な楽曲で惹きつけられる。
生で聴いてみたいって思っていた曲の1つだからとても嬉しかったです。


EVERGREENの曲の前には金子先生のことを語ってくれたハイドさん。
心の中にぽっかり空いた穴がいまだに埋まらない・・・。
そういうもんなんでしょうね・
・・って。
この曲が大好きでラジオで流れてきたのを録音して
絵を描いてる間ずっとエンドレスで流してくれてたそうです
って。
私もEVERGREENが大好き。
とてもピュアで優しくてこの曲の世界観が大好き。
ハイドさんの歌声が心に沁みてくる・・・。


Shallow Sleepも本当にメロディラインも歌詞も素敵で
ROENTGENのアルバムの中で2番目に好きな曲。
あぁーもう1回聴きたい!!!って凄く思う。


禁じられた色彩はハイドさんがデヴィットシルヴィアンが大好きで
坂本龍一の戦場のメリークリスマスを歌詞付けてデヴィットシルヴィアンが歌った楽曲で
ROENTGENの英訳をしてくれたリンさんもこの曲がとても好きで
見事に同じ方向を見ながらROENTGENのアルバムを作成することが出来て
とても幸運でした。
そして今日そのリンさんと再びこうしてステージで共演することが出来て
とても光栄です。
(幸運と光栄のところをとても力強く話してくれてました)
この禁じられた色彩って曲を聴くのは初めてだったけど
戦場のメリークリスマスのあの印象深いメロディラインがとても神聖な雰囲気で素敵でした。


DEPARTURESはglobeのカバーソング。
ハイドさんの歌で聴くと一層冬への愛が深く感じる。


そしてVAMPIRE'S LOVE

切なさを表現するとハイドさんの右に出る人はいないんじゃないかと本当に思う。
ハイドさんの歌声は本当に魔法のよう。
歌声で演じきれるって凄い。
この時のVAMPIRE'S LOVEの歌声がとても切なくて
涙が溢れて止まらなかった。
VAMPSが休止することになって驚かせてしまってごめんね。
でも解散じゃなく休止ってところを選んだことに未来を感じて欲しいなって思います。
僕自身、復活を楽しみにしてる一人です。
そしてもっと動かないバンドがあるんですよ・・・(苦笑)


会場のみんなの頭の中にラルクの言葉が浮かぶ(笑)

こっちの方はもう全然予定が決まっていません。
僕一人ではどうしようもできないんですけど
今日はそのラルクのkenさんが来てくれました。


そしてkenちゃん登場。
ここからステージの空気の色が変わったね。
なんだろう・・・・。
今まではモノクロの映画を見てるようだったのが
いろんな色を感じるし、空気があったかくなって
ハイドさんも穏やかな表情に変わってね。
あぁ・・・今日kenちゃんが来てくれて本当に良かったな。

二人の化学反応をこうしてこのタイミングで感じ取ることが出来て
ファンにとってもかけがえのない瞬間に感じました。

kenちゃんにクリスマスって好きですか?って聞くハイドさん。
でもなんかちゃんと聞こえてなかったみたいで“?”な顔のkenちゃん(笑)

耳遠くならはったんですか?
会場爆笑

そしてその後耳打ちで話すハイドさん(笑)
この空気感がたまらない♪
ハイドさんもkenちゃんとのトークを楽しんでるのが伝わって
会場もステージの二人を微笑みながら見守ってて
空気があったかいの♪

クリスマスは嫌いです。
何かしないといけないっていう空気感が。
ハイドは昔から冬とかクリスマスとか好きでそういうの言ってるけど
サンタクロースがいるって無理ない?(爆)
でもサンタさんがいたらいいなって今日思えるように変わりました。


変わりましたね。


もうね、最近涙腺も弱いしね。
さっきも出番までそこで待っていたら
なんかわからんけどもう泣きそうで・・・
ステージ出てきてハイドと握手しただけでも泣きそうやし(笑)


でもkenちゃんもハイドさんもすっごく嬉しそうでね。
ほんわか~ほんわか~


Hurry X'masは手拍子と歌も歌えたら一緒に歌ってくださいっていうハイドさん。
でもなんか手拍子が難しいよ(笑)
2日目の時には初日は裏表紙がへたくそ過ぎて・・・って
ダメだしされちゃったよ。
でもキラキラ可愛い楽曲で大好き♪


winter fallは絶対にやってくれるだろうなーって思ってた♪
ラルクの冬の定番曲と言えば!!!ってくらい有名だもんね♪


MY HEART DRAWS A DREAMはとても意外でした。
kenちゃんのギター聴いて、
え!まさか黑ミサでも聴けるなんて・・・・って。
夢を描くよ♪
このフレーズが心に染み入る。
会場に両手を広げて歌うハイドさん。
みんなの声を聴きたいって思ってくれてるんだなって思うと
またまた涙腺崩壊になってもう号泣。


叙情詩のイントロのハイドさんのアカペラはもう鳥肌もの!!
ハイドさんの歌声の凄みをこれでもかと感じる。
凄いね・・・・。
本当にハイドさんの歌声は留まることを知らないんだなって。
大好きな叙情詩を再び黑ミサで聴けるなんて思ってなくて
感激してまた涙・・・・。
(私・・・いつにも増して泣きすぎです)


A Silent Latterのレア曲キターーー!!!
ここでこんなレアな曲がくるなんて思ってなくて
このセットリストに驚かされる!!
初日はびっくりし過ぎて落ち着いてこの曲聴く余裕がなかった。


そしてまたしても涙腺崩壊曲!
forbbiden lover!!
やーーめーーてーーー(号泣)
もうハンカチが本気でしっとり濡れてるレベルで泣いてしまって
素晴らしすぎて感動しすぎて涙が止まらない・・・・。
両手を広げて神々しく歌うハイドさんがとても美しかった。


また冬の曲に戻りますと紹介された雪の足跡

冬ってあったかいでしょ?
そう話始めたハイドさん。

え?冬が寒いってことはわかってますよ。
頭おかしい人を見るような笑い方しないで(笑)
頭おかしい人みたいになってる(笑)


ハイドは昔からそうなんですよ。
目の中にプリズムが入ってるから(笑)
見えてないものもかけるんですよ。


歪んでるってこと?(笑)
もちこん冬が寒いのは子供でもわかってることですけどね。


黑ミサってそんなハイドを受け入れる会なの?


そんな不思議な会じゃないです(笑)


この時のハイドさんとkenちゃんのトーク、
最高だったな~♪
みんなを自然と笑顔にしてくれる
(いや、笑顔どころじゃなく爆笑だったけど)
この和やかな雰囲気はハイドさんとkenちゃんだからこそ♪

冬だからこそ、寒いからこそ人は暖を取ったり
手をつないだり、お互いを思いやったり
その行為が温かいって気持ち・・・凄いわかる。
だからこの曲も大好き。
その温かさが心に沁みてまた涙腺崩壊するの。
もう私の涙腺はおばあちゃんレベルよ。
もう誰かなんとかして(苦笑)
笑顔でホロっと泣いてしまうそんな曲。
ハイドさんのこういう歌詞・・・本当にすごい好きだな。
心の底からそう思う。


そしてみんなで演奏するのは最後の曲といって紹介された星空
みんなの平和を心から願う曲。
星空を思わすような照明の中響き渡る曲。
感動的だった・・・。
もう胸がいっぱいになるこの気持ちをどうしたらいいんだろうって。
またもや号泣。


そして最後にみんなが良い夢を見られますように子守歌を歌いますって
披露されたのは未来世界。
あかーーーーん(号泣)
この曲ももれなく涙腺ダム決壊曲なんやってばぁぁぁ!!!
優しさがこれでもかーって詰め込まれた優しい優しい子守歌。
ハイドさんの優しい歌声が会場を包む。
なんて心地いいんだろう。
なんて素敵なセットリストなんだろう。

感動的だったって言葉だけじゃ足りない。
最高だったって言葉だけじゃ足りない。
どんな最上級の言葉も足りないくらい本当に
あったかくて素晴らしくて満たされた黑ミサ初日でした。



そして2日目。
セットリストは初日と一緒。
だから初日では驚きや興奮でじっくり鑑賞できなかった部分を
もう一度じっくり味わうことが出来ました。
席も初日より少し前だったので音の感じ方も違って
こんな黑ミサこそちゃんと音響環境が整った場所で聴いてみたいって思った。
イベントホールだからこその集客力はあるけども
オーケストラを従えてこんな素晴らしい楽曲の数々を披露するには
やっぱり勿体ない。

ROENTGENから15年が経ってこうしたライブをするときに
曲が足りないなーって思うことも増えてきたので
あと6年以内にROENTGEN2を作れたらなーって思います。
でも富良野ではあと2年って言ってて
昨日は5年以内って言ってて
今日は6年になってるんだけどね(笑)
…って言ってた(笑)
どれだけROENTGENのアルバムが大変なのかわかる発言だなぁって。
ハイドさんレコーディング嫌いやから、
きっとまたあの苦労が…って思うとROENTGEN2に挑むの躊躇しちゃうんだろうな。
でも気長に待ちます。
ハイドさんが良いって思えるものだけを詰め込んだROENTGEN2を。

2日目のkenちゃん登場の時も面白かったな~
登場して椅子に座った途端にジャケットを脱ごうとするkenちゃん。
え!!?もう脱ぐの?

1曲も演奏してないのに??
って不思議そうなハイドさん。
でも段取りがわからんって段取りを気にするkenちゃんがもう面白おかしくて。
なんならもう裸でやりたいって言いだすkenちゃん(笑)
きっとギターを気持ちよく弾くにはジャケットが邪魔なんだろうけど
登場して早々ジャケット脱いじゃうkenちゃんがハイドさんは不思議みたいで
ここのやりとりがこれまたもう最高に面白いの。
じゃぁ、段取りを言います。
ジャケット脱ぎましょ!
はい!ギター持つ!
水飲む!
その通りに動くkenちゃん(笑)
この段取りをしれっとしたかったんだよぉ。
だって黑ミサは大事な会なんでしょ?
そんな大事な会を邪魔したくないから!
って子供みたいなkenちゃんがとても可愛かったです。
あと、kenちゃんのクリスマスの思い出が花まつりって言ってた。
なんか甘いお茶飲むって。
初めて聞いたしハイドさんも知らない感じでした。
ただkenちゃんもハイドさんも“お釈迦様”が言えなくて
二人して“おしゃかしゃま”って言ってたのが可愛かった(笑)
もうなんなんだぁー♪ぐふふ~♪


winter fallの曲のことをスノボで雪山に行った時に
この曲が流れていてね。
カップルが二人この曲を歌いながら前を歩いていったの。
可愛いな~って思って。
俺、目の前にいるのにな♪って思ってね。
・・・て。
その時に話し方がとても優しくて可愛かったな~
そうやってみんなに受け継がれてる曲なんだなって思ったって。

雪の足跡の前もこれまた衝撃的に面白かったな~
昨日は冬は暖かいってことをわかってもらおうと思って話ましたけど
kenさんには全然わかってもらえなかったですけど
寒いからこそ暖かい料理を作ってあげようとか
お風呂沸かしといてあげようとか
(ここで生活感ある雰囲気に会場がクスッてなるw)
そんな冬の曲でkenちゃんといい感じに化学反応が起こった良い曲です。

足の・・・・
(足って言いだしちゃった自分にびっくりするハイドさんw)
あ・・・・
足の・・・・・・

(えwどうしようってそんな気持ちが顔に出ちゃってて会場も笑いをこらえるのに必死w)

足の雪跡(どーーーーん!)
(言っちゃったよぉ!会場大爆笑)

もうねこの2日間の間で一番笑った(爆笑)
足の雪跡ってぇー(爆笑)
ハイドさんも自分で言っちゃってツボっちゃって
しばらく笑いが納まるのを待つ(笑)
ひこにゃん、ピアノ弾いて!(いきなりムチャぶりww)
しばらくしてようやく落ち着くハイドさん(笑)
もうねぇ~ほんとに可愛い人だわ~
会場中がめちゃくちゃ和んだよ。
いや、和んだどころじゃないくらい爆笑だったけど(笑)

でもその後の雪の足跡(いや・・・足の雪跡っていうべきか?笑)は
最高の歌声でした。
ほっこり微笑ましくてね。
みーーーんなハイドさんの笑顔が大好きなんだな~って
愛しい人が笑ってくれてることがこんなにみんな嬉しいんだなって実感する瞬間。
ほんと素敵なひとときでした。

そして星空の後、未来世界に続く曲間がやけに長い。

ん?
手袋を外そうとしてなかなか脱げないんだな・・・
そう思ってた。
そんな仕草をしてたから・・・・。

そしたらハイドさん・・・
目から汗が・・・・

目から汗が・・・・・


そう言って後ろを向いて涙を拭い出る。
でも全然止まらなくて・・・・

会場はあちこちでハイドコールでいっぱい。

ハイドさんがこの黑ミサをどんな想いでやり遂げてくれたのか。
勝手に想像することしかできないけど
ファンがハイドさんに会いたがってた以上に
ハイドさんはファンに会いたがってたんじゃないかな。
みんなからのパワーを必要としてたんじゃないかな?
そう思うと私まで胸がいっぱいになって
涙が止まらなくなって・・・・。

最後だと思うと寂しくなって・・・
ってハイドさん言ってた。

未来世界の最初もちょっと声が震えていて
こんなに泣いてしまったハイドさんを見るのは初めてでした。
胸がぎゅっってなる・・・。

ハイドさん・・・

未来世界が終わったら直後、会場中スタンディングオベーションで
鳴りやまない拍手の嵐。
私もいっぱい拍手を贈りました。
こんなにも心が震えるようなライブは初めてでした
黑ミサ幕張に駆け付けることが出来て本当に良かった・・・。
一生思い出に残るクリスマスになりました・・・。



2017年はハイドさんにとっては激動の一年だったと思う。
VAMPSのアルバムも発売されUSツアーも精力的に挑んでいき
フェスにも積極的に出演したり、本当にこの人はいつ休んでいるんだろう?
体は大丈夫なのかな?って心配するくらいでした。
VAMPSの休止はハイドさんも残念だと仰っていたけど
どんな結果もあの時の苦労があるから今があると
転んでも何かを掴んで立ち上がって前に前にと…
高みへ高みへと登っていくハイドさんだからきっと大丈夫!
そう信じてるしこれからのハイドさんの活動も全力で応援してるからね♪

これからもハイドさんの突き進んでいく道の先に
明るい光が照らしてくれていますように・・・。
願うことしか出来ないけど心からそう願わずにいられないです。



Porte iriseeのブログを読んで下さった皆様、
拍手やコメントを下さった皆様、
本当にありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

2018年ものんびりマイペースは更新になると思いますが
宜しくお願いします。

皆様にとって2018年が良い年になりますように・・・☆
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
2017-12-08 Fri 01:19
VAMPS活動休止発表
12月入ってすぐにVAMPS公式から
突然のVAMPS活動休止が発表されました。



11月に幕張アリーナ公演が終わったばかりなのに!?

えっ・・・!!!??
嘘やろ???

なんでこのタイミング???


本当ならHOT PEPPERのハイドさんが表紙で
白も黑も素敵でさぁ~~~って
デレデレしたブログでも書こうかと思っていたのに・・・・。
もうそれどころではないよ・・・・。


公式では活動にオーバーヒートが生じ・・・・って。

VAMPSの公式の文面を読んでもなんか納得いかなくて
私の中では“なんで??なんでなん??”
その言葉がぐるぐる回ってた。

言葉が出ない・・・・。

本当に言葉が出てこなかった・・・。

ツイッターではみんなその状況を受け入れて
VAMPSへの労いの言葉が流れていて凄いな・・・って思ってた。
いや・・・きっとファンのみんなもむりやり受け入れようとしていたのかもしれない。
VAMPSの二人が決めたことだからって・・・。

でも私はどうしても“お疲れ様でした”とか言えなくて・・・
その言葉はまだハイドさんが求めていない気がして・・・

やっぱり言葉が出ないままでした。

だって・・・・・ハイドさんのここ最近のインタビューでも
来年はVAMPS10周年だからアルバムを出さないとって言っていたり
来年はアメリカでのツアーもあるからとか話してくれていたもん。
活動的な発言がいっぱい出てた。

その言葉は嘘ではなかったはず。
ファン想いなハイドさんだけど、
そんなむりやりな嘘を言うはずないって思ってた。

神戸アリーナでも来年の話をしてくれてた。
なのに1ヶ月少しでこんな突然に休止をしないといけない理由って
なんだろうってずっと思ってた。

ハイドさんはラルクもあるけど、ラルクはほぼ動いてないでしょ・・・
(それはそれで寂しいんだけど・・・)
ソロはタイミングの合間を縫って活動してることは
ファンならわかってることだし。

でもK.A.Zさんの方はオブリでの活動も同時進行で
来年は20公演のツアーを控えてるらしいし
忙しいのはK.A.Zさんだと思うけど
ライブもスケジュールは半年以上も前に決まってることだと思うから
オーバーヒートなのは本人も覚悟で承知の上なはず・・・。
そのツアーもキャンセルになってないからK.A.Zさんの健康面の心配でもないんだろうなって思ってた。
なのでオーバーヒートが理由の突然の休止宣言がどうも納得いかなくて・・・。

VAMPADDICTがHYDEISTに戻るっていうのが深刻さを増してたような気がします。

自分の中でなんとなく感じてた思いが本当なら嫌だな・・・って思ってました。
マイナスな事を発言するのもあまり好きではない。
そういう思考も連鎖しやすいっていうし
言霊っていうのを信じてるからどうせならプラスになることやポジティブな発言をしたい。
でもそんな楽観的な状況ではないことはなんとなく感じる。
だから無言で悶々としてました。

だって、UNDERWORLDのアルバムもとても良かったし
アメリカでの地盤も少しずつ固め初めてて
勢いづいてきてるところなのに、その勢いをハイドさん自身が止めようとするはずないって思うから。
だけど・・・・それでも休止を決めたってことは・・・・。

そういうことなんだろうなって・・・・。

今日のHYBLOGでハイドさんが語ってくれて予想が当たっててやっぱりかぁ・・・って。
その理由が一番難しいことだろうな・・・・。
アリーナが終わるまでは休止も考えてなかったって言ってるし
本当に突然、その結果に至ることがあったんだね・・・・。

VAMPS二人の気持ちを想うと本当に胸が苦しい。

今日のHYBLOGで淡々と語るハイドさんの文章で
無念の気持ちが伝わる・・・・。

ハイドさん・・・言いたくないことをファンの為に
わざわざ伝えてくれてありがとう。
その誠実さと最後の強がりのような文章がハイドさんらしいなぁ・・・って思った。
ファンを心配させない心配りに涙だよ・・・。




VAMPSが大好き。
VAMPSのおかげで沢山の素敵な宝物のような思い出があります。
沢山のお友達に巡り合うことが出来たし
沢山の感動と感激を与えてくれて
大人になってからも青春のような日々を送ることが出来ました。
私の人生の中でとてもキラキラしていた日々だったよ

本当に本当に感謝してます。



みんなと作ってきたたくさんの思い出は僕の自慢です。
ってハイドさん言ってくれてるけど、
こちらこそVAMPSは私たちの自慢です。


またいつかVAMPSが立ち上がった時は
私たちBLOODSUCKERSはいつでも集結するからね!!!

…ってまだまだ喪失感真っただ中だけど強がって言ってみる。

ポジティブ発言しなきゃだもんね・・・。


まだ胸のど真ん中ポカーンだけどね・・・。



今日、改めてひとつ前のHYBLOGの記事も読んで・・・
黑ミサがあって本当に良かったって思った。

ハイドさんも黑ミサでみんなを喜ばせることを楽しみに頑張ってくれてるみたいだし。

黑ミサでは私たちファンのパワーを十分に受け取って
新たなエネルギーに変えてね。
いっぱいパワー送るからね
別窓 | VAMPS | コメント:0 | トラックバック:0 |
| porte irisee ~虹色の扉~ |

ブログ内検索