ラルク好き(特にhydeさん)な私のひとりごとのようなブログです。

2009-12-30 Wed 23:42
まったくもって今更なまんぷす13号の感想
さてさて、今年もそろそろ終わりを迎えようとしてますが
今年やりたかったことは今年のうちに・・・・。

ってことで・・・・・。
まったくもって今更ですが
MONTHLY VAMPS Vol.13の感想です


もぅ、今更~???なんて自分でも思っているくらいだから
ブログを読んで頂いてる方は『あれまぁ~』って感じですよね???(汗)


でも前に『次はやっと本誌だ!』とか言ってしまったし、
あれだけ前置きだけ長くて本誌の感想なしっていうのも
自分的にも気持ち悪いので『待ってたよー』って少人数の方と(はたしているのか?)
自分の記録の為に・・・・・・そして
新年、気持ちよく幕開けする為にも
年内にやってしまおうってことなのです。

律儀でしょ?(自分で言うな!笑)

まぁまぁ、なにはともあれ
4ヶ月前にタイムスリップしたと思ってゴー!!!


表紙はどっちが表か裏かわかんない感じで
HYDEさんがどーん!
200910261351000.jpg

そして反対側に
KAZさんがどーん!
200910261352000.jpg

こんな風になってて中味も途中からひっくり返ってます。
200912300339000.jpg

HYDEさんのアイデアかわかんないけど
面白いこと思いつくな~って本当に思う。


本誌の中でかっこよかったHYDEさん、K.A.Zさんをちょっとだけ・・・
200910261522000.jpg

200910262226000.jpg



ロングインタビュー

アメリカのライブでどれだけ観客が入るのか不安がってるHYDEさん。
アメリカでも人気あるらしいのに全然俺様じゃないところが
いじらしいです。
アメリカのファンを見て、日本のファンに対しても
より一層感謝の気持ちが強くなったって何かのインタビューで言ってましたね。

ニューヨーク、ハートフォード、コロンビア、ボルチモア・・・
各場所で日本とは違う環境、違う状況で違う観客の反応を楽しんでるインタビューを
読んでると本当に楽しかったんだな~って伝わる。
ほんとにホームシックになったの?って思っちゃうね。

ボルチモアのぼられた話は有名だけど
この時、ぼられた時の理由にカメラを回してるからそのお金だって
言われたんですよね・・・・・。
ってことは怒り爆発のHYDEさんが映像として残ってるの???
怒ってるHYDEさん・・・・・・みたいような・・・・みたくないような・・・・・・(苦笑)

そしてラスベガスでは・・・・・・・・・・(笑)
笑っちゃいけないってわかっていてもがっくり肩落としてる
HYDEさんを想像してちょっと笑ってしまう・・・・。
いや、荷物が後から出てきたから笑い話にもなるんですけどね~
実際、荷物がなくなったらかなりテンション落ちますもんね。
だけどKAZさんも『ちょっと面白かった』って言ってるあたり、
なんか微笑ましい話に変わっちゃうのよね。
あぁ、HYDEさんも普通の人間だぁ~なんて当たり前の事を思っちゃった(笑)

アメリカライブの事を語ってるインタビューを読んでると
これがまだ今年の事だったっていうのが
信じられないくらい昔に感じる。
それぐらい今年のVAMPSの活動が凄まじかったからなんだろうけど・・・。

最後にKAZさんが『ツアーが終わって制作に入るにがちょっと怖い(笑)』って
そしてHYDEさんも『憂鬱です』って仰ってるんだけど
今はそんな憂鬱な生活の真っ只中なんでしょうね。
頑張ってね~




2009.8.19のUSJライブレポ

この日は私がUSJライブに参戦した唯一の日
読んでるとあの日のあの光景が瞼に浮かびます。
アメリカ帰国後で最初のライブだったから
すっごくサービスも良くってHYDEさんがめっちゃいっぱいMC喋ってくれたし、
めっちゃ笑顔だったし、ファンの大切さを実感したって言ってくれて
すっごく楽しくてスペシャルな、まさしく夏祭りなライブだった。
はぁ~
懐かしい~
あ・・・・まんぷすの感想でもなく
私の思い出を振り返っただけになっちゃいました・・・・(笑)




2009.8.22のUSJライブドキュメンタリー

あのUSJの最初にHYDEさんとKAZさんがステージに登場する際に乗ってたバイク。
あれは当初は国産のバイクの予定だったのが
HYDEさんと言えばハーレーだそうで(そうなの?)
ハーレーを3日間でカスタマイズしてステージ用に仕上げたそうです。
妥協を許さないHYDEさんの美意識を感じる~

そのハーレーを乗り回してるJu-kenさん、
それを見守るK.A.Zさん。
なんか“男の子たちーーーー!!!”って感じやね(なんやそりゃ?笑)
微笑ましいの


元気が出ないって言ってながらもみんなとお揃いのはっぴを着るHYDEさん。
空気読んで少しでも和まそうとするところがHYDEさんらしいな~
きっとプレゼントされた方も大喜びですよね。


カキ氷を頬張るHYDEさん。
イチゴ味をチョイスするところが可愛い~!
うん。HYDEさんならやっぱりイチゴよね!
シロップが足りなくなったからって走るマネージャーさん。
代わりに私が取っていってあげたい(笑)


USJ最終日のこの日のHYDEさんの会場限定画像が
未だに私の携帯の待ち受け画面。
もう、すっごく美人さんだったから
この日のライブに参戦できた人が羨ましかった。

そんなUSJも夏の出来事で今は冬。
なんか本当に懐かしいなぁ~
振り返ってみるのもなんかいいものですね。

一年って本当にあっという間だな~

悔いを残すなーってHYDEさんのセリフがまた私の中で蘇った。

とりあえずまんぷす13号の感想をあげれて
そういう意味では悔いを残さず2010年を迎えることが出来そうです(苦笑)



でも、まだまだ更新したい内容は沢山あるので
これから明日にかけて怒涛の更新になるかも・・・・・????


あぁ・・・・でもまだ大掃除が残ってるのよねぇ・・・・・



拍手コメントは追記にて
まったくもって今更なまんぷす13号の感想の続きを読む
別窓 | Monthly VAMPS | コメント:0 | トラックバック:0 |
2009-11-21 Sat 01:32
MONTHLY VAMPS Vol.13 ③
なんか忘れた頃にひょこひょこ登場してる私のまんぷす13号の記事(笑)
もう、きっと誰も興味もないかもしれませんが、
私の記録のひとつなので一人マイペースに進めていきます~(笑)




そんな今回のまんぷす13号の3回目は
あのTシャツをご紹介~

結構高額だったまんぷす13号。
私の予想ではこのTシャツに掛かってる金額が大きいんじゃないかと思う。
実際のところわかんないけど・・・・。
あ、でもあの梱包の箱もお金かかってるね、絶対。
未だに捨てれずに部屋の真ん中にデーーーンとしてる・・・・。
(変なところでもったいない病な私。)

あ、梱包箱の話はもう前に終わりましたよね。
話戻そうっと!



200911111627000.jpg
HYDEさんとKAZさんの顔が描かれたTシャツ。
今迄ずっと未開封のままでした。

なんか開けると風化しそうで(爆)
なんでやねーん!!!
(;ーー)ノ☆(ノ_ _)ノズルッ…と一人ツッコミ。


でも、今回はTシャツをご紹介なので
惜しまずに開けちゃいまーす。


ドキドキ・・・・。


そろ~~~っとビニールを開けて・・・・・っと。



あ!( ̄▽ ̄;)



うぎゃ!!



ビニールが破れたぁぁぁぁ。(*TдT*)ノ
(結構どん臭い私・・・・・凹)


こういうちょっとした事でも凹む時は凹むなぁ~
く、くそぉ。



でも・・・・



ま、いっか。

破れたもんはしゃーない!
(立ち直りも早い私!笑)


広げてみますよ。
200911111633000.jpg
HYDEさんの顔がどーーーん!
はぁ~
かっこいいわ~


裏はこんなんです。
200911111628000.jpg
襟元にVAMPSのロゴが入ってます。


ついでに、ちょっとだけ着てみました。
思ったよりダブダブしてなくてパジャマには調度いいかも~
ってパジャマなんかいな~(←また一人ツッコミ。笑)

だってHYDEさんの夢見れそうでしょ?
でももったいなくて着れない。

このTシャツを普段着にしてる人っているのかな?


さて、次にまんぷす13号の記事を更新する時は
やっとやっとの本誌の方です~
別窓 | Monthly VAMPS | コメント:8 | トラックバック:0 |
2009-11-08 Sun 02:09
Monthly VAMPS Vol.13 ②
やっぱり今晩のJACK IN THE BOXは関西は見れないみたいです。
もう、がっくし。。。。

なので、気を取り直して・・・・
今回はまんぷす13号に入っていたDVD。
“TALES OF VAMPS2”の感想です。


これ、Monthly VAMPS Vol.06の
絵本になってた話とその後のお話なんです。

だから、全編イラストレーター・KIMSNAKE氏の絵で綴られてます。

私はこの絵けっこう好きかも♪

なんか特徴つかんでるのよね。
カクカクした動きもなんか好き☆


ストーリーは・・・・。
墓場から復活したバンパイア・HYDEが血を求めてふらふら街を彷徨っていたら
フラついちゃって転んだ途端に大事なキバが折れてしまう・・・。
200911062148000.jpg


そこへ心優しいKAZが現れてハンバーガーを差し出すけど、
血しか必要としないHYDEが断る。


がっくり肩を落としたKAZはJu-kenが運転する車にはねられてしまう。

200911062151000.jpg


その光景を見たHYDEは少年KAZを救いたいとJIN神様に願う。
200911062152000.jpg
JINさん、怖い(笑)

神様は少年を救いたくば12月25日の6時66分に教会に行き、ひざまづけと告げる。


約束の日に教会に行ったHYDEは神様に命を奪われ、
そのHYDEの命をアーリーサンタがKAZの元へ届ける。

200911062159000.jpg


HYDEの命を吹き込まれたKAZは命を取り戻す。
200911062200000.jpg
KAZパパ、KAZママもあのヘアーバンドしてるのね

ここまでがまんぷす6号の絵本の内容と一緒の部分で、
これからがその後です。


数年後、生き返ったKAZが街のライブハウスに立ち入る。


そこへバーテンをしていたJu-kenと出会い、
あの日の事をわびるJu-kenに“気にしないで”と許す優しいKAZ。

200911062203000.jpg



そこで、Ju-kenのバンド仲間のJIN、アーリーを紹介され
セッションし、KAZもバンドに加入する。

200911062205000.jpg
JINさん、何気に今年バージョンになってます(笑)


ボーカルがいないので、ボーカルを募集する。


そこへ墓場から蘇ったHYDEはふとKAZの事を思い出し
街をフラフラ彷徨う。
ライブハウスに誘われるように立ち入り、
ボーカル募集の張り紙を発見。



その途端ステージで歌うHYDE
曲は“Hunting”

200911062210000.jpg


そこでKAZ、Ju-ken、アーリー、JINと意気投合!


VAMPS結成となる。


そしてVAMPSライブの初日のクリスマスの日。
VAMPSがステージで歌う!
観客もノリノリ~



すると、次第にHYDEの他にも
KAZ、Ju-ken、アーリー、JINにもバンパイアのキバが!


次々と観客にもキバが生え、
VAMPS(バンパイア)が増殖していった・・・・。

200911062216000.jpg


- 完 -



これ。けっこう面白いんですけど、
なんせ吹き替えなしでローマ字のセリフなので
読むのに必死!(笑)

ついていけなーーーいって一時停止した時も・・・(苦笑)

VAMPSのメンバーが各自、自分のセリフを吹き替えしてくれたら
凄く良かったのに~

だって、まんぷす6号が出来上がった時はHYDEさん、
メンバーの前で「ARU TOSHI NO~」と英語口調で全ページを通して
朗読してみんなを大爆笑させたそうですよ。

でも、なんで大爆笑だったんだろう?(笑)

その時の吹き替え聞きたかったな~

別窓 | Monthly VAMPS | コメント:8 | トラックバック:0 |
2009-11-06 Fri 12:19
Monthly VAMPS vol.13①
毎日HYDEさんネタが尽きなかったから
ずーっと先延ばしになってたまんぷす13号の感想。



ヘルウィンも終わって、HYDEさんがメディアには出てこなくなって
寂しい気持ちを紛らわしたいと思います。



このMonthly VAMPS vol.13
金額的にも結構なお値段だったから
諦めた人も多かったのでは???



なので、この見事なまでのパッケージからまずは紹介~
(すでに知ってるよ。って人ばかりかしらん?)



もうね、とにかくコレ届いて何がってこのデカさに驚いた!



でーーーーーーーん!!!
…と、リビングに置かれたコレはそりゃ存在感あったさ~(笑)
200909302018000.jpg
SWEET DREAMSのCDとのこの大きさの差。



本当にサプライズなデカさでした。
まんぷす13号を購入された方に質問!
この箱どうしてますか?
あまりにも大きすぎて・・・でも壊せない・・・・ましてや捨てれない・・・・・



そしてこの梱包箱のクオリティーの高さ!



200911061143000.jpg
コレ裏面です。



凄く凝ってます。
さすがHYDEさんです。



200910012104000.jpg
中を真ん中でパカっと開けるとこんな感じ。



HYDEさんとKAZさんの顔が描かれた箱が(笑)
箱を開けても、また箱(笑)



なかなか実体を明かさない焦らしプレイがここにも現れています(笑)


200910012108000.jpg
そしてコレが中味。

Monthly VAMPS13号
まんぷす総集編1冊
Tシャツ2枚
DVDが1枚
まんぷすの表紙ポスター13枚



さてさて、次はDVDのストーリーを簡単に紹介しようかな。

ではでは、今日はこれにて・・・・・・どろん!
別窓 | Monthly VAMPS | コメント:4 | トラックバック:0 |
2009-07-08 Wed 00:45
今更ですがMonthly VAMPS vol.12の感想~
Monthly VAMPS vol.12の感想です。

まずは恒例の私が好きなベストショットから

P.8  バラ王子で叫んでるHYDEさん
    髪の毛のなびき具合がいい感じ。

P.11 青い瞳のHYDEさん。
    下を出して獲物を狙うヴァンパイアのようです。このページのKAZさん(2つ共)も結構好き!

P.24 上から2段目の左から3つ目のHYDEさん。
    なんだか子供のような無邪気な笑顔がたまりません~

P.38 小悪魔AGEHAの自分が載ってるページを観客に見せてるHYDEさん。
    「見て、見て~♪」っていう感じなのが手に取るようで可愛い~☆

P.40 一番下の左から2つ目のHYDEさん。
    左手を振り上げて歌う姿がかっこいい~!!!

P.55 KAZさんが撮ったポラで階段がないのに降りる振りをしているHYDEさん。
    無邪気すぎる~~~!!!(爆笑)

P.70 JINさんの剃り込み部分に何か入れてるHYDEさん。
    なんだかイタズラっ子のような顔になってます(笑)

    同じページ下の腕を伸ばして気合が入ってるHYDEさん。
    こんな凛々しいお顔もたまんないです。

P.79 VAMPSマスクをつけて顔がクシャってなってる笑顔のHYDEさん。
    このタレレンなおめめが可愛いのです~♪

P.80 一番下で一番右のショット。
    敬礼!!!(ビシッ!)って感じがね、可愛いのです。

今回も素敵なHYDEさんが満開でしたけど、これくらいに抑えておきます~☆



HYDE & KAZ スペシャルインタビュー

KAZさんがいちいち難しいコード弾いた後に
「簡単にするとこうだから、こうでもいいよ。」
って言ってくれることが悔しいってHYDEさん。

これ絶対、HYDEさんの性格を分かってKAZさん言ってるんじゃぁ・・・?なんて思っちゃった。
HYDEさん負けず嫌いですからね~(^m^)

そしてJINさんに対してちょっぴり厳しいHYDEさん。
「この動き変!」とかってズバッと言っちゃうんですって。
ライブ全体の雰囲気とかメンバー全員が醸し出していくものだから、
誰一人として妥協は出来ないんでしょうね。
それにJINさんってやわらかい感じがするから
攻撃的なVAMPSのライブには合わない仕草とかあるのかなぁ???
普段、表に出ていく人ではないから慣れてないっていうのもあるのかもしれませんけど・・・。
変って言われてた仕草がどんなのか逆に興味深々です。

海外と日本とのアーティストの差は?って聞かれたHYDEさんの答えが
声帯と身体が一回りもふた周りもデカイって(笑)(*´m`*)
あ。笑っちゃってごめんなさい(笑)
だって・・・・・、HYDEさんが布袋さんとかみたいに190cmもあったら
きっとそんな事感じないんだろうなーって思って。
きっと小柄なHYDEさんならではなセリフですね。
ちなみにマライア・キャリーは気ぐるみだったんですって(笑)
背中にファスナーって・・・・知らなかったぁ~(←違うから!笑)

Monthly VAMPSの最終号ということで一事ずる言葉を述べてくれてるんですけど、
KAZさんはVAMPSの図鑑のような本だったって。

HYDEさんはやっぱりこだわりがあったようで
“あぁだこうだ、こうじゃねぇ、あぁじゃねぇとかずっと言ってて申し訳ない”って。
そういう言葉を聞くとHYDEさん拘りの本だったんだなぁ・・・・。
そんな雑誌に毎月、目を通すことが出来てよかったな~って本当に思います。


ライブレポートはすっ飛ばして
Break H's Taboo!

今回はHYDEさんの恋愛感ですって~!!!
わお~☆
こりゃ是非、聞いてみたいかも?

HYDEさんが昔好きだった女性のルックスは
“そんなに派手じゃなくてちょっと地味めな顔”で清楚な顔立ちだそうです。
このセリフで一番に頭に浮かぶのがHYDEさんの奥様ですよぉ。
すっごく美人ですけど派手ではなくて清楚なタイプですもんね~

そして、昔抱いてた亭主関白への憧れも今は崩壊して、
“そんなことはどうだっていいよ”ですって(笑)
理想の人と出会ってもそれが居心地いい場所とは限らないって。
最終的に残った条件は、一緒にいて楽な人。精神的に安らげる人って。
ここ十数年の鉄板があるんですけど、
男がリードするよりも女性がリードした方がいい、“かかあ天下”の方がいいな~ですって。
でも、なんかわかるな~
素敵だなぁ・・・・。

そしてHYDEさんを愛してやまない女性ファンには
ビジュアルがどうのこうのより、良い音楽を提供することがお返しだって。
作品作りにどこまでその人が力を込めたかだと思うって。
音楽には手を抜かないで、自分が最高と思えるものを作って、他の人にHYDEの事が好きって自慢する時に
「だっていい音楽でしょ!」って言ってもらえる自分でありたいって。

もう~~~~

拍手!!!!!!!!

そんなHYDEさんが大好きだよぉ!!!!

そうなんですよね。
かっこいいだけじゃなく、音楽も声もそして性格も全て含めて素敵な人だからHYDEさんはいつまでも
みんなから支持され続けるんですよね。
驕ることなく、いつも努力な人・・・・。
そんな謙虚さも持ち合わせてるから素敵なんです。

あぁ~このコーナーだけでもこんなに書いちゃった(笑)
次のコーナーにいってみよー!



Tell me about VAMPS?
今回はMONORALのAliさん。

彼もKAZさんのライブパフォーマンスの事をかっこいいって仰ってて、
音楽ありきな動きなんですって。
確か、前にHYDEさんもKAZさんの画面から消えたタイミングがかっこ良かったような事を話してたことがあったな~
普通なら動かないリズムのところでKAZさんが画面から消えたらしいんですけど、そのタイミングが絶妙だったような事を何かのインタビューで読んだ事を思い出しました。
確かにKAZさんのギターを弾いてる姿がとってもかっこいい☆

そしてKAZさんの歌が良いって。
それは歌唱力があるとではなくてソングライターとしての説得力がある歌なんですって。
是非一度でいいから聴いてみたいです。



そして「Vol.12」で最終ではなかった!!!
ということで13号の完全受注生産の告知・宣伝!

1、通常のMonthly VAMPSのVol.13号

2、オリジナルTシャツ<HYDE&KAZ 2着セット>

3、Monthly VAMPS オリジナルDVD

4、Monthly VAMPS カバーポスター13枚セット

5、Monthly VAMPS BEST 400ページにも及ぶ総集編

…以上の5点セットで送料・税込 11000円!!!

予約受付期間 20096月30日~2009年8月31日


さぁ!これを高いと思うか、安いと思うかはあなた次第~!!!

ちなみに・・・・私は・・・・・・

もちろん!買っちゃいますよぉ~!!!



ドキュメント・ストーリー 17

ZEPP FUKUOKAでの密着取材。

セットリストを決めるためにずっと悩んでるらしいHYDEさん。
確かにセットリストで盛り上がりも左右されるし、とっても重要ですもんね~

気持ちがしだいに高揚していって、最後には最高潮にもっていける曲順・・・・。
なかなかそこに辿りつくのには至難の道なのかもしれませんね。。。

携帯の充電器がなくてマネージャーさんが車にカバンを取りに戻ってるのを待ってるHYDEさん。
所在なさげにちんまりと・・・・って。(このちんまりがツボ!!!)
ちんまりと椅子に座ってるHYDEさんがもれなく想像できちゃいました(笑)
愛くるしいよ~

そして、その後
「むっちゃ腹減ったメーン」に
「パパパパパパーン!目薬~!」とドラえもんのマネ(笑)
しかも目薬など出してないって(笑)
なんなの?
この可愛すぎるキャラはー!!!
もうギュウってしたくなっちゃいます♪

さっきのセトリを真剣な表情で考えてた人とは思えないオンとオフがはっきり分かれてるHYDEさん。
そこに大人な部分を感じちゃうんですよね~!
出来る男って感じがする(変なドラえもんでも。笑)

福岡公演で煮えきらずにHYDEさんが荒れてた日があったことが書かれていて、
なんか珍しいなぁ・・・って。
絶対に最後まで諦めない!って言ってたし・・・。
どんなライブだったのかレポ巡りもしてないからわかんないけど、
いろんな日があるんですね・・・・。
いつもいつも100%の出来とはいかない。
だからライブを続ける意味もあるんでしょうけど・・・・。

ライブの後の楽屋にはSAKURAさんが訪れて、
その和やかなやりとりが微笑ましかったです。



ドキュメント・ストーリー 18

2009年6月6日 仙台6公演目。

666ってことでいつもと違うことをしようと思い立って、
SEにオーメンの曲を流したり、オーメンの写真を使ったり、
そういうことが決まった瞬間準備に取り掛かれるフットワークの軽さはほんとに読んでて気持ちがいいくらい。

それだけじゃ物足りないってことで急遽“SATSUGAI”をすることに決まった事を知ったJu-kenさんの慌てっぷりがなんか微笑ましいなぁ~!
野獣でも慌てふためくんだなー(って、結構Ju-kenさん、HYDEさんの無茶ブリに慌てふためいてますよね?笑)
この後の本番でのステージの様子を読んでいて、
その場にいたかったなぁ~って、すっごく盛り上がったんだろうな~って伝わる内容で
終わってしまった箱ライブがまた恋しくなりました。

あ、そうそう・・・このドキュメントの中で、
ユニバーサルスタジオとのコラボグッズがあることがわかりましたよ~
どんなグッズなのか気になる~



あーあ。
すっごく素敵な雑誌で毎月楽しみだったMonthly VAMPSが終わってしまうのが寂しいなぁ。

こんな素敵な雑誌を企画してくれたHYDEさん、スタッフさんありがとうございました。
別窓 | Monthly VAMPS | コメント:4 | トラックバック:0 |
| porte irisee ~虹色の扉~ | NEXT

ブログ内検索